読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栄光のブレストパワー!

人生の転換期に突然きた、乳がんの宣告!治療と共に前進あるのみ!!

脂肪幹細胞注入術、術後3か月と9日を経過した現在の状況報告。

2016/12/20 部分切除をした部分への、脂肪幹細胞注入術を行いました。

本日、3か月と9日経過。

両サイドはとてもいい感じでふっくらしており大満足の出来具合ですが、肝心の下の部分(瘢痕部分)が どうにもこうにも膨らまず、祈るばかりの日々でしたが、今週頭位から なんとなく下にもふくらみが出てきたように思います。。
それは、1ミリか2ミリほどの違いですが、確かに下の部分も変化がありました。
昨晩、よく見ると 3ミリ程度にふくらみ部分が増えているように思います。

瘢痕部分のへこみが 小さくなったような気がします。

うれしいです。

これがいいのかな…と思うのは、

走る!・・・
30分位以上走る(ハァハァドキドキ状態を維持)とポカポカと温かくなりふっくらします。

少し熱めのシャワーをリンパの部分から胸の上部にシャーシャーかける・・・
瘢痕部分にかけるより、上部やリンパにかけ温めた方がポカポカと温かくなります

バイオイルを瘢痕部分に良く塗る・・・
放射線跡のケアにもバイオイルは大活躍で、私にとってなくてはならないバイオイルです。バイオイルをぬった皮膚はとても柔らかくなるので瘢痕部分へ多めにすりこんでいます。すると少し柔らかくなってきて膨らんできたのかな?

●スロギーかTucheの縫い目ゼロのブラを付ける。
締め付けると生着しにくいと先生からお言葉を頂いているので、家では締め付けないようノーブラでしたが、最近はノーブラではいられない状況が続いている為 締め付け弱めの包み込むような下着(スロギーかTuche)を1日中着用するようになっていました。するとその包み込んだ感じがふっくらとした感じに思えます。
(私の瘢痕部分は下部の為、ブラの下があたってしまいつぶれる可能性が高いので…)

生着期間の4か月がもうすぐきてしまいます…
あ~それまでにどうか下部がもう少しふっくらしますように…(*´Д`)💛