読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栄光のブレストパワー!

人生の転換期に突然きた、乳がんの宣告!治療と共に前進あるのみ!!

脂肪幹細胞注入術ー術後6日目(退院後2日目)

乳房再建

おはようございます(*'▽')🎵

脂肪幹細胞注入の手術を受けて、6日目の朝を迎えます。

脂肪を取った両足の具合は…6日経ってもいまだ両足のうち腿膝上からまた下までがとても痛いです。

歩くのは、とてもゆっくりでぎこちないその上、がに股モードです。

こんなに痛いとは思っていませんでした。

この痛みは、3週間続き治まると主治医の先生からの言葉です。

 

肝心の脂肪を入れた胸は、赤身が収まり、なんとなくふっくらしたように思うけど、そうでもないようにも思います。

期待していたほどは膨らんでいません。

生着したかどうかもわからないけど、なんかごろごろしてきました…

ちょっとの心配と不安と後悔と…でハートがぐるぐるしています。

臨床試験なので、必ずや成功するとは限らない…わかっていても挑戦してみた、成功しか考えず…。

乳がん手術との違いは、必ず良くなるわけではない…!という事!に今大きな不安を感じ始めています。

最悪は、脂肪が生着せずに変な形に固まってしまって、『これではだめですね…脂肪を取りましょう…』となる事…。

しかし、そーゆ―こともあり得るのだ…。

乳がん手術は、術後1週間2週間経つにつれ、傷に変化がありその変化は治る過程であった…色々な過程を経て1年経ったとき、変形はあるものの痛みも薄れ傷跡がきれいになっていて QOLももとに戻り 大好きな運動に思いっきり打ち込めていた…先週まで

変形くらい我慢して、そのままあのままでいればよかったのかな~。