栄光のブレストパワー!

人生の転換期に突然きた、乳がんの宣告!治療と共に目標に向かって前進あるのみ!!

脂肪幹細胞注入術から約5か月変化がなくなりました。

 2016/12/20 脂肪幹細胞注入術を受け、もうすぐ5か月が経過します。

4月の上旬くらいから(術後3か月半ごろ)から、激しい運動をしても何の変化もなくなりました。

それまでは、30㎞くらい走ったり、スクワットをみっちりおこなったり、ボディークロス(フミフミマシーン)を30分以上踏んだり…(他にも沢山ありますが…)
すると入れた脂肪の部分がホカホカと温かくなり、大きくなっていました。

それが、一切なくなっています。

だからといって、入れた脂肪がなくなったり、固まったり、ペシャンコになったりしているわけではありません。

ある一定の膨らみのままいかなる環境になっても変化を見せなくなりました。

常に平常心…みたいな感じです。

 

昨日は、ハーフマラソン大会でした。
一生懸命必死で走りました!

しかし、やはり熱くなることも大きくなることもなく、平常心を保ったままの状況です。

 

いわゆる『生着期』が終わって、安定したのだろう…という気がします。。

 

4か月の診察時エコーを撮って頂きましたが、順調に生着しているとのことでした。

オイルなどの変なものもないそうです。

『普通は、オイルがたまって 1回くらい抜くものですが、それもなくとてもいいですね♪』と先生からお言葉を頂きホッとしています。

 

ですが、やはり横に流れてしまい、下の部分が若干足りないのが気になります。
もう1回追加したいです。

今の所、出来は70点…入れた幹細胞には問題ないけど、やや不満…あと一歩…。

 

 

 

広告を非表示にする